冷え性

冷え性は「病気」なの?

「冷え性」とは、手や首、肩、腰、足など特定の部分が「冷たい」と感じる状態のことを言います。

 

たまに、「私は平熱が低いから冷え性なの」などと言う人がいますが、これは間違った考え方で、必ずしも冷え性だからといって、平熱が低い「低体温」だとは限らないのです。

 

では、冷え性は「病気」なのでしょうか?

 

西洋医学と東洋医学で異なる考え方

私たちが風邪をひいたときなどに行く病院は、「西洋医学」に基づいた治療を行なっています。

 

その西洋医学の世界においては、「冷え性」という病名は存在しません。

 

西洋医学では、身体の末端の血管の血流が悪くなり、血行障害を起こしている状態を「冷え性」と呼ぶことはありますが、決して「病気」とはとらえていないのです。

 

そのため、冷え性の治療では、血行を悪くしている原因(他の病気など)を取り除くことに重点が置かれます。

 

たとえば、甲状腺機能の低下などによって冷え性が起きている場合は、代謝を上げるサプリで対策したりその病気を治療することで、結果的に冷え性も改善されることになるわけです。

 

ただ、これはあくまでも「西洋医学」における考え方と、それに基づく治療法です。

 

では、漢方薬で知られる「東洋医学」の場合はどうでしょうか? 実はこれが西洋医学とはまったく違ったとらえ方をしており、それに基づいた治療法を行なうのです。

 

東洋医学では、冷え性を「万病の元」としてとらえ、身体にとって大きな問題として扱います。

 

西洋医学では「冷え性」という明確な定義づけはなく、病気として存在しませんが、東洋医学では、身体の特定の部分が冷えて不快な状態が半年以上続く場合は、はっきりと「冷え性」と定義づけています。

 

そして、身体の中で不具合が起きている部分から発せられる危険信号と考えているのです。

 

そのため、冷え性の治療においては、西洋医学のように原因をひとつに特定しようとせず、疲労やストレス、食事や生活習慣の乱れなどさまざまな要因が絡み合って病気や症状があらわれているととらえるのです。

 

つまり、症状を訴えている人の身体を総合的な観点から観察し、その状態を把握したうえで、長期的に根本治療を行なうことになります。

 

西洋医学と東洋医学のどちらがいいの

では、冷え性の治療は、西洋医学と東洋医学のどちらがいいのか? という疑問が浮かぶかもしれません。

 

しかし、どちらにも一長一短があるので、一概に「○○医学」のほうがいいということは言い切れません。

 

最近では、西洋医学に基づいた治療を行なっている病院でも、東洋医学の良さに着目して、治療に積極的に取り入れているところも増えてきました。

 

実際、病院で処方される薬の中には、東洋医学に基づく漢方薬も多くあり、冷え性に高い効果を発揮する漢方薬がいくつも存在します。

 

西洋医学と東洋医学とでは、「冷え性」に対する考え方やアプローチの仕方は異なります。

 

いずれにしても、身体にとって好ましい状態ではないという点では共通しているわけですから、冷え性で悩んでいる人は、きちんとした対策を講じる必要があるでしょう。

 

冷え性の症状は「冷え」だけではない


冷え性の症状と言えば、文字どおり、「冷え(冷たく感じる)」であり、特に手や足、腰などが冷えるというものですが、実はそれ以外にもさまざまな不調やトラブルを引き起こしたり、精神面にも悪影響があらわれます。

 

【肩こり】
体内の血液の循環が悪くなり、疲労物質である「乳酸」が溜まっていき、肩こりが起こります。

 

【むくみ】
身体が冷えることによって、体内の水分代謝が悪くなり、腎臓機能が低下することで、足が太くなったり、顔や手が腫れぼったくなる「むくみ」があらわれることがあります。

 

【生理不順】
自律神経のバランスが崩れてホルモンバランスが乱れることで生理不順が引き起こされます。

 

【頭痛】
身体が冷えて首や肩、背中の筋肉が固くなって血行が悪くなることで頭痛が起こります。

 

【腹痛、下痢・便秘】
胃や腸の働きが悪くなり、腹痛や下痢・便秘が起こることが多くなります。

 

【胃もたれ】
冷えが原因で自律神経のハランスが崩れると、消化液の分泌が抑制され、食べたものをスムーズに消化できなくなり、胃もたれが起こります。

 

【慢性疲労感】
身体が冷えると毛細血管が収縮して全身の血行が悪くなり、疲労物質の「乳酸」が溜まって疲れやすくなり、慢性疲労になってしまいます。

 

【風邪をひきやすくなる】
体温調節機能などさまざまな機能が低下するため、細菌やウイルスなどに対する抵抗力が低下し、風邪などをひきやすくなってしまいます。

 

いったん風邪をひくと、治りにくく、長引くこともあります。その他の重い病気にもかかりやすくなります。

 

【肌トラブル、アレルギー】
血行不良で代謝が悪くなると、老廃物が排出されにくくなって、細胞の再生が遅くなり、シミやシワ、肌荒れ、吹き出物などの肌トラブルがあらわれます。

 

また、さまざまな肌トラブルからアレルギーを引き起こすこともあります。

 

【薄毛・抜け毛】
血行が悪くなると毛髪の生成に必要な栄養素が頭皮に行き届かなくなり、薄毛や抜け毛につながってしまいます。

 

【不眠】
人間は体温が上がってから睡眠に入りますが、身体が冷えて血行が悪くなると、なかなか眠りにつけなくなってしまいます。

 

手足の冷えが気になって寝つけなくなるということもあります。

 

【抑うつ感、イライラ、集中力の低下】
自律神経のバランスが崩れ、抑うつ感やイライラ、集中力の低下など、精神面での症状があらわれるようになります。

 

冷え性を治す生活習慣